ホーム > タクシーご利用のお客様へ > 業務紹介

業務紹介

適正化事業

指導

タクシー営業の適正化と利用者の利便向上を図ることを目的とした街頭指導、および乗り場周辺における利用者、歩行者のための交通安全業務等を行っています。さらに指導車による指導員の広範囲な巡回により、タクシー運転者の道路運送法に違反する行為の防止とマナー資質向上、秩序維持を図るための指導を行います。

指導
  1. 街頭指導

    乗車拒否などの利用者の利便阻害行為の防止や呼び込み行為や不正乗合行為などの違法行為の是正のため、主要駅を中心に街頭指導を実施しています。
  2. 交通安全業務

    空車タクシーの客待ちなどにより路上に迷惑待機する車両や駅など乗り場をはみだして待機する車両の排除、整理指導を日常的に実施しています。

乗り場施設

主要駅などのタクシー乗り場のポールや上屋の修理、保全に努めるほか、横浜駅や桜木町駅など利用客の多い乗り場では利用者を安全にタクシーに誘導するためポーターを配置しています。

乗り場施設

苦情・要望

神奈川タクシーセンターでは横浜地域(横浜市、川崎市、横須賀市及び三浦市)に営業所のあるタクシーをご利用された方からの苦情・要望の受付をしております。

試験事務

横浜地域(横浜市、川崎市、横須賀市及び三浦市)でタクシー運転者になるには、 神奈川タクシーセンターで事務を代行し実施している輸送の安全及び利用者の利便の確保に関する試験(「法令・安全・接遇の科目」「地理の科目」の2科目)に合格しなければなりません。法令・安全・接遇の問題はそれぞれについて概ね15問程度の合計45問の出題で、合格基準は36問以上(正答率80%)となっています。地理の試験問題は、道路および地名、著名な建造物、公園、名所、旧跡、鉄道の駅の所在など40問の出題で、合格基準は32問以上(正答率80%)となっています。いずれも筆記試験により行います。

登録事業

登録

神奈川県内の事業所で乗務する法人タクシー運転者は、タクシー業務適正化特別措置法によって登録実施機関である神奈川タクシーセンター(国からの事務委託)で運転者登録することが定められています。法人タクシー運転者は運転者証の交付を受け、個人タクシー事業者は事業者乗務証の交付を受け、それぞれ車内に表示しなければ営業できません。

登録手続き受付時間

  • 祝日・休日及び年末年始(12月29日〜1月3日)以外の
  • 月〜金曜日 9:00〜16:00
  • 第一・第三土曜日 9:00〜11:30
登録受付

研修

タクシー運転者の資質の確保及び向上、並びに事故防止のための交通安全意識の高揚を図ることを目的に、第1線で業務を担当する運転者への研修業務を行い、タクシー営業に必要な基本的な法令・安全・接遇・地理についての講習及び効果測定を行っております。

研修風景